• ホーム
  • 投資で高齢者が業者に狙われる理由

投資で高齢者が業者に狙われる理由

高齢者と業者

投資で高齢者が狙われるということは少なくありませんが、それには高齢者が狙われやすい理由がたくさんあるためです。
まず、高齢者というのはお金を持っていることが多いのでそれだけで、狙われやすいものとなってしまいます。
業者からしても利益にならない相手に話を持ちかけるのは効率が悪いものですから、簡単にお金になる高齢者を狙って投資を持ちかけようとします。

次に高齢者というのは老化によって、判断能力が衰えていることが多いので、業者の巧みな話術に乗ってしまって投資をしてしまうということが少なくありません。
高齢者にも様々なタイプが有り、押されると断ることが出来ない人もいれば、自らの判断能力がまだまだ優れていると思っている人は業者の話術に引っかかって投資にのってしまいやすいのです。
身寄りの無い高齢者などは相談をする相手もいませんから、業者からすれば絶好のカモであり口説き落とすのはそれほど難しいものではありません。

また、高齢者というのは衰えから来る将来に対する不安を抱えているものです。
安心をするために安定した収入が欲しいと考える人も多いものですから、そのような時に魅力的な投資話が舞い込んでくるとその話に乗ってしまうということは少なくないものです。

持ち込まれた投資話が詐欺でなければ、利益が出るかどうかというのは内容次第ですから一概に悪いというわけではなく、近年のアベノミクス相場や不動産の高騰に乗ずることができた人というのは利益を残すこともできています。
しかし、話自体が嘘であった場合これは大きな問題となり投資をしたと思っていたものが、まるまる業者の懐に転がり込んでしまうものですから高齢者としてもその痛手は大きなものとなってしまいます。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索